スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体脂肪を減らして正しくやせる

 余計な体脂肪は脱ぎ捨てて、体脂肪を正常値に保って健康な体をキープ

 そもそも「やせる」とは、いったいどういうことをさすのだと思いますか? 「そんなのカンタンよ。体重を落とすことでしょ?」なんて声が聞こえてきそうですね。「それって正解でしょ?」と思ったあなた。ハイ、それが微妙な間違いなのです。

 まずは答えを言ってしまいましょう。
「やせる」とはすなわち「体の余分な脂肪を減らすこと」なのです。

 ヒトの体を構成しているのは「水分」、筋肉や骨などの「固形成分」、そして「脂肪」の3つです。標準のヒトの割合は、水分が50~60%、固形成分が20~30%、そして脂肪が15~25%程度。これらはいずれもカラダにとっては大切なものですが、割合のバランスが崩れると体によくないことがいろいろ起こります。

 たとえばよく耳にする「肥満」とは、食べ過ぎや運動不足などによってこの脂肪の割合(体脂肪率)が正常値を超えた状態のことで、生活習慣病のもとになります。ひどいものは病気と呼んでもいいものです。逆説的にいえば、外見はいくらスマートで体重が軽くとも、体脂肪率が高ければそれは肥満なのです(「かくれ肥満」)。正しいダイエットとは、この体脂肪を正常な値にもどし、保つこと。

 ちなみに水分が過剰で体重過多な場合は「むくみ」(浮腫)といい、「肥満」とは別の病気です。骨や筋肉の割合が多く体重過多な人は、スポーツマンに多く肥満ともむくみとも関係ありません。

 ダイエットのポイントは、体脂肪率が標準を越えないようコントロールすること。その手段としては、まず食事のやりかたをいままでと変えることが大きな前提です。

 体脂肪を減らした結果体重が減れば、それはやせたことになるのです。誤解しないでほしいのは、排泄して水分の放出により体重が減っても、やせたとはいえないところなのです。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsuling.blog28.fc2.com/tb.php/33-57803e51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。