スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動が体脂肪を燃焼する

 食事と運動の併用は、脂肪から体を守ってくれる

 体脂肪を減らすためには、まずは食事をコントロールすること、と前項で述べましたが、実は有効な方法はもうひとつあるのです。

 その方法とは、運動です。

 この運動の内容についてはまたのちほど詳しく述べますが、食事をコントロールすることで打撃を与えた体脂肪を、運動することでさらに燃焼できるだけでなく、筋力を増強し「基礎代謝」と呼ばれるヒトが生活をしていくうえでエネルギーを消費する力をアップさせます。基礎代謝が上がると、体脂肪を燃焼する力が上がるのです。

 肥満の研究・治療の第一人者である大野誠先生(東京慈恵会医科大学)の著作には、次のような実験データが載っています。
『軽度肥満の男性を一か月間、減食のみで減量した群と減食に運動を併用した群に分けて減量経過を観察したところ、両群とも同程度の体重減少に成功しました。しかし、運動併用群では、LBMの減り方が少なく体脂肪が効果的に減少していることが明らかになりました。(『図解 太りすぎは生活習慣チェックで治る』主婦と生活社より)』
 骨や筋肉のことを医学的な専門用語で「除脂肪活性組織」(LBM=Lean Body Mass)と呼びますが、運動を併用したダイエットを行うと、このLBMは減らさずに、効果的な体脂肪の減量を行うことができるのです。

 なにはともあれ、ここでおさえておきたい基本ポイントは、「体脂肪を減らすのは食事と運動の2つ」ということです。まずはこのことをよく覚えておきましょう。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsuling.blog28.fc2.com/tb.php/34-25029f38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。