スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2種類の脂肪をやっつける

体脂肪は、脂肪細胞のなかに食べ物から得た糖質や脂肪分のうち消費しきれなかったものが分解・蓄積されてできたものです。小さいときの体形によって、その後の細胞の数が決定されます。つまり、子供のころに太っていれば太っていたぶんだけ脂肪細胞の数は人より多い体になっているのです。以後、思春期あたりで脂肪細胞の数は決定され、数は減らすことはできなくなります。

 体脂肪の多い少ないはこの脂肪細胞と関係します。脂肪細胞は、体脂肪を合成していくらにでも膨らむことができます。ここでは、体脂肪にはどんなものがあるのかを押さえていきましょう。

 体脂肪はそのつきかたによって、2種類のタイプに分けることができます。1つは、主に若い女性に多い皮下脂肪型肥満。もう1つは中年男性に多い内臓脂肪型肥満です。右の絵を見てください。リンゴと洋ナシに重なった男女の姿がありますね。おなかを中心に上半身が肥満しているものを、その形から「リンゴ型肥満」と呼びます。ビール腹などと言われているのがまさしくそれで、中年男性に多い太り方です。一方、お尻、下腹、太ももなど下半身を中心に肥満しているタイプをやはりその体型が似ていることから「洋ナシ型肥満」と呼びます。こちらは若い女性に多い皮下脂肪からなるもので、妊娠や出産時のエネルギー源となるため、あまり減らさないほうがいいとされています。ただし、過度な皮下脂肪はやはり少し減らしてシェイプアップしたいものではあります。

 問題はリンゴ型肥満のほうで、こちらは内蔵脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満のどちらか一方であるのですが、リンゴ型+内臓脂肪型の組み合わせの場合、高血圧や高脂血症、心臓病、などの合併症になるおそれが強いのです。美容によくないばかりか、むしろ、おそろしい生活習慣病になる危険性が高まります。

 ダイエットで目標とすべきはまさにこういう体脂肪。体脂肪の増加を抑え、病気を防ぐためにもダイエットをする必要があるのです。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsuling.blog28.fc2.com/tb.php/35-cd7d9d19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。