スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通の生活をしていては食べ過ぎる

 かつて強大な勢力を誇ったローマ帝国があったことはみなさんごぞんじでしょう。この国は「パンとサーカスの都」と呼ばれ、広大な属州から集まる富のおかげで、貴族から市民にいたるまでが、遊んでいても食べていけるほどのゆたかな暮らしを送っていました。

 貴族たちはしばしば宴会を開き贅の限りを尽くしました。次から次へと食卓に出される料理に舌鼓を打っては、飲めや歌えの大騒ぎ。「もうこれ以上食べきれない」となると、さて彼らはいったいどういう行動に出たと思いますか? なんと驚くことに、お供の奴隷に自分の口をクジャクの羽根でつつかせ、食べたものを吐き出しさらに食べ続けたのだそうです。

 こんな生活では彼らの体脂肪の数値もおそらく尋常ではなかったことでしょうね。でも、ちょっと待ってください。食べ過ぎで太ってしまうことに頭を悩ませている現代社会も、どこか似ていると思いませんか。

 飽食の時代、ゆたかな国ニッポンには食べ物があふれかえっています。街を歩けば、そこかしこにあなたをグルメの世界へといざなうネオンサインやディスプレイ。24時間いつでも手軽に食べ物が買えるコンビニ。“食”からの誘惑は尽きることがありません。

 また近代化された世の中では、体を動かすことも非常に少なくてすむようになりました。ちょっと近くの買い物にもクルマで、1つ上の階に上がるのにもエレベーター。休日はテレビの前にお菓子や飲み物を総動員して1日ビデオで映画三昧……。こんな運動不足で高カロリーを摂る生活をしていては体脂肪が増えないほうがおかしいですね。

 文明社会は自分から体を積極的に動かしていかないと健康を害するという皮肉さを生み出しました。便利でゆたかな世の中は、私たちを確実に太らせます。無意識のうちに普通に暮らしていれば食べ過ぎてしまうのです。食べ過ぎないことを意識していくのが現代社会で生きるコツといえるでしょう。

 アスリートに限らず、“ハングリー精神”は、普通の生活を送る私たちも大切にしていきたい心構えですね。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsuling.blog28.fc2.com/tb.php/37-744f1d0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。