スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やせる運動は3タイプ



 3タイプの運動を組み合わせて体脂肪のつきにくい体づくりを始めよう

 みなさんは体を動かすことが好きですか? よく晴れた日に近くの公園で軽く走ってみたりするだけでも、とても気持ちいいですね。仕事の合間にちょっと体操をするだけでも、仕事の効率があがったりしますね。

 やせるポイントは、食事以外にも、運動で体脂肪を燃焼すること、また体脂肪を寄せ付けにくい体づくりを行うことにあるとも述べてきました。ここでは、具体的にやせるための運動にはどんなタイプのものがあるのかについてふれていきましょう。
 
 運動には、体についた体脂肪と糖質を燃焼する「有酸素運動」と、体内の糖質をエネルギーとして燃焼する「無酸素運動」があります。またこの2つをこなすための準備としての「ストレッチ」もあります。この3つがダイエットに向いた運動です。

 有酸素運動とは、呼吸をして体内に酸素を取り込みながら行う運動のことです。ダイエットに適したものとしては、ウォーキングや速歩き、サイクリングや水泳などがあげられます。なぜ有酸素運動がダイエットに有効かというと、体内に取り込まれた酸素が、体脂肪と糖質を分解するからです。

 無酸素運動とは、おもに瞬発力を利用して行う運動、たとえば重量挙げや短距離走など、瞬間的にグッと息を止めて行う運動のことです。この運動は、酸素を吸わないかわりに筋肉が体内の糖質をエネルギー源として消費します。このため、無酸素運動のもう1つの重要なポイントは、筋力をアップすることで、普段からこの糖質が消費されやすい体に変わるということです。これを基礎代謝が高まるといいます。

 ストレッチは、上の2つを行ううえで、全身の筋肉を伸ばし、体を柔らかくするためにやっておきたい運動です。

 これらの運動は、無理をせず、継続的に行うことが重要です。ですからあまり息が上がるような激しい運動ではなく、運動を終えても軽く会話が交わせる程度の運動量のものが適しているようです。

 運動には直接的な減量効果もありますが、適度に汗をかき、ストレスを発散できる点でも、有効なダイエットの方法です。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsuling.blog28.fc2.com/tb.php/39-fb15e27c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。