スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋肉をつければ寝ているだけでやせる!





筋力がアップして寝ている間に糖質を燃やしてしまいましょう!

 このタイトルを見て「まさか!」と半信半疑になった人はきっとたくさんいることでしょう。でも、そんな夢みたいなことって本当にあるんでしょうか? 実はあるんです。

 前項でもふれたように、ヒトの体は、血液や筋肉などのなかにある糖質を燃焼してエネルギーに変えるはたらきがあります。これは運動の際に効果があるのはもちろんのこと、私たちが日常生活をするうえで普通に消費している最小限のエネルギー、基礎代謝でも同じことが行われています。基礎代謝は、運動をしていないときでもエネルギーを消費しています。もちろん夜寝ているときにも行われています。ということは、つまり、筋肉が多ければそれだけ基礎代謝も高くなり、寝ている間の糖質の燃焼も増えるというわけです。
 ね? 夢じゃなかったでしょう?

 もちろんそのためには筋力トレーニングを続けて体を鍛えていくことが前提です。ダイエットに効果的な筋肉は、おもに脂肪のつきやすい腹筋や背筋、おしりの筋肉(臀筋)、太ももや脚の筋肉。このあたりの筋力がアップするような筋トレを続けていきましょう。

 また、無酸素運動と呼ばれる運動は、重量挙げや短距離走などグッと息を詰めて瞬間的に行う激しい運動です。軽い運動を長時間かけて行う有酸素運動とは反対に、このような短時間の無酸素運動では燃焼するのに時間のかかる体脂肪は消費されるまでには至りませんが、瞬間的に筋力を使用するため糖質の燃焼は行われます。また、この運動によって筋肉がつくことにより、先ほど触れた基礎代謝も高くなっていきます。

 これら有酸素運動、無酸素運動、筋力トレーニングやストレッチを総合的にバランスよく行うことで、体脂肪が燃焼され、糖質が燃えやすい体づくりができるようになるのです。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsuling.blog28.fc2.com/tb.php/42-b6c88efa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。