スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲んで食べても3kg減!(新)外食ダイエットで年末を乗り切れ!





今までのダイエットにありがちな3つの問題が解消!
① 美味しいものが食べれない!
② 酒の誘いを断らなければダメ
③ お腹が減って仕事に集中できない

一般的なダイエット法でご法度とおもわれてきた酒や肉類などの食事。しかし、今回のダイエットでは許される!

(新)外食ダイエットは、炭水化物の含有量・カーボン指数「C」がカギとなる。これを適正な数値に摂取制度するのが狙いです。なぜ、炭水化物をコントロールするのか。その理由は脂肪減少の仕組みが大きく関係している。
食事をとると、摂取した炭水化物の作用で血糖値が上昇する。炭水化物が消化するが、脳や筋肉は常に血糖を必要とするため、血糖値が下がるグルカゴンというホルモンが分泌。これが脂肪細胞を溶かしエネルギーに変換しようとする。つまり、炭水化物が枯渇する時間帯を体内に作れば、これが脂肪細胞の減少につながる。
この理論に基づき、食事メニューを「C」の数値で選択すると、ステーキなど肉類も食べられるようになり、食事の幅がグッと広がる。これで、外食派に最適のダイエットといえる。
そのため自分のカーボン分解能力を知ることが基本で、次のSTEP1~STEP4を実践すると1ヶ月3kg減を達成する!

STEP1:まずは自分のカーボン分解能力を計算する。
 体重(kg)×1.5÷8=1時間ごとのカーボン分解能力
 (例)体重65kgの人は、65×1.5÷8=12.1875 約12Cが基準値となる。
STEP2:朝食、昼食、夕食の時間を決める。
 (例)朝食7:00~5時間~昼食12:00~5時間~夕食18:00~2.5時間~
STEP3:毎食のカーボン指数を管理しよう!
 一般的な食習慣では、夜になるほど食事の量が増えて炭水化物の摂取量も増える。朝から夜に向けて炭水化物の量を減らすようにする。
STEP4:1食ごとのカーボン摂取可能量を確認する。
 体重(kg)×1.5÷8=1時間ごとのカーボン分解能力×5時間=次の食事までのカーボン消費量
STEP5:お酒を飲んだら翌日で帳尻あわせ
 酒の席は、比較的食事が長引く傾向にあるため、血糖値の上昇時間も比例して長引いてしまう。しかもすぐに就寝に入る為、炭水化物の消化が不十分になる。
 (例)ビール(ジョッキ)15C、日本酒(1合)10C、ワイン(グラス)5C、焼酎(1杯)10C

オススメの外食メニュー
朝食昼食夕食
和朝食定食系魚系定食
玄米御飯40C玄米御飯40C鯖味噌煮7C
鰯の塩焼き3C刺身盛合4C鮪刺身3C
納豆(半)6Cツナサラダ3C茸サラダ7C
海 苔1C味噌汁2C豚 汁10C
合 計50C合 計49C合 計23C
洋朝食ファーストフード肉系定食
ライ麦パン30Cハンバーガー32Cチキングリル5C
ゆで卵1Cチキンナゲット11C豆腐サラダ12C
豆サラダ7C野菜サラダ゙2C南瓜煮物5C
牛 乳10Cコーヒー1C大根味噌汁4C
合 計48C合 計46C合 計26C
朝リセット昼リセット肉系定食
食物繊維
ゼリー
-里芋煮13C

冷 奴2C

鯵の開き3C

ワカメ味噌汁3C

合 計-合 計21C

ビール2杯+中華ワイン3杯+フレンチサワー2杯+和食
ビール2杯30Cワイン3杯15Cサワー2杯20C
フカヒレ5Cオニオンスープ13Cアサリ蒸し2C
エビチリ9C牛ヒレソテー2Cホッケ塩焼き2C
バンバンジー3Cホタテサラダ5C大根サラダ3C
肉団子11Cチーズ7Cさつま揚げ6C
合 計58C合 計42C合 計33C


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsuling.blog28.fc2.com/tb.php/8-242d60ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。